DIVERSITY

ダイバーシティ&インクルージョン

NTTデータグループは51カ国に拠点を構え、多種多様な人財により構成されており、グループ社員約110,000人のうち半分以上が海外拠点で働いています。こうした環境のもと、NTTデータではグループビジョンに込めた3つメッセージの1つに“Diversity”の推進を掲げ、「ダイバーシティ&インクルージョン」をグローバル競争に勝ち抜くための重要な経営戦略として捉え、「多様な人財活躍」と「働き方変革」の2軸で新たな企業価値の創出を目指しています。

(参考) Our Way

CHAPTER 01

多様な人財活躍

NTTデータは、性別・国籍・年齢・障がいの有無、雇用形態・文化や慣習・ライフスタイル・価値観・性的志向・性自認などを問わず、多様な人財がその能力を最大限に発揮し、活躍し続ける環境づくりに積極的に取り組んでいます。

女性活躍推進に関する取り組み

ダイバーシティの中でも、「女性活躍推進」は強化を図っており、女性採用比率や女性管理職者数の目標達成に向けて、キャリア形成支援研修や管理職に対するダイバーシティマネジメント研修の実施など、様々な取り組みを実施し、女性管理職者数も着実に増加しています。また、安心して出産・休職し、計画的に早期に復職し、キャリア継続できるよう企業内託児所「エッグガーデン」を開設しています。これらの取り組みにより、育児休職からの復職率は高い水準で推移しています。
女性がライフイベントに左右されず、ビジネスの最前線で活躍し続けられる環境づくりに積極的に取り組んでいます。

育児休職からの復職率

LGBT等性的マイノリティに関する取り組み

多様な人財が活躍できる環境をさらに整備する観点から、近年ではLGBT等性的マイノリティに関する取り組みを推進しています。相談窓口の設置や理解促進のための基礎知識研修などを実施するとともに、ライフイベントにかかわる各種制度について、同性パートナーを持つ社員にも適用しています。2017年には任意団体work with Pride主催の「PRIDE指標2017」において、ゴールドを受賞しました。誰もが自分らしくいられ、力を発揮でき、働きやすい会社・職場の実現を目指しています。

育児・介護に関する制度

NTTデータグループは、社員が安心して出産・育児・介護と仕事を両立できるよう、休職制度・短時間勤務の充実や社員の理解促進、利用しやすい環境整備を進めています。

育児・介護に関する制度

CHAPTER 02

多様な人財の具体的な例

CHAPTER 03

働き方変革

NTTデータでは、多様な背景や価値観を持った人財が能力を発揮できる環境を整えるため、働き方変革に力を入れています。働き方変革は単純な労働時間の削減だけではありません。現在の、変化が速く、大きい経営環境において、限られた時間の中で仕事の質を高めつつ、社員一人ひとりが、自己実現を図るのための時間を作り、有効に使うことで成長につなげ、継続的に活躍してもらうことで、強い競争力を維持するために必要な取り組みです。

時間や場所に捉われない柔軟な働き方

柔軟が勤務形態を実現するために、裁量労働制やフレックスタイム制を取り入れています。また、場所に捉われない働き方として、自宅や外出先等のオフィスの自席以外で勤務できるテレワーク・モバイルワークを2008年から導入し、多くの社員が利用しています。また、Web会議システムの導入など、更に柔軟性を高める仕組みの導入を進めています。

2016年11月には、総務省よりテレワークの導入・活用を進めている企業として「テレワーク先駆者100選」に選定されました。また2017年7月には政府が東京都および経済界と連携し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした働き方改革の国民運動を展開する「テレワーク・デイ」や東京都が実施した「時差Biz」に参画し、多くの社員がテレワークや時差出勤等を実施しました。その結果東京都から「時差Biz推進賞」を受賞しました。
(参考)「テレワーク・デイ」に4,400名規模で参画

総労働時間の適正化

社員の健康維持、またプライベートや自己実現の時間確保のために、総労働時間の適正化に全社挙げて取り組み、着実に労働時間を削減しています。

総労働時間の経年推移

有給休暇の取得促進

社員のワーク・ライフ・バランスの推進に向けて有給休暇の取得を推進しています。夏季休暇、年末年始休暇、リフレ休暇などを利用し、大型休暇として計画・取得することが可能です。推進の結果、2016年度の有給休暇取得実績は平均18.2日/人です。

多様な人財活躍、働き方変革については、サステナビリティリポートにも詳しい記載がありますのでご覧ください。
サステナビリティレポート2017 Social (P37〜40)

PAGE TOP