VOICE 07

お客様への価値提供という目的のために、
社内外問わず信頼関係を構築することを大切にしています。

営業

稲益 佑亮

理工学部/建築学科卒業
2008年入社

  • #理系
  • #営業
  • #金融分野

いま携わっているプロジェクト

大手金融機関様ネットワーク基盤に係る提案・推進

私は大手金融機関様の顧客営業に従事して12年目になります。チームとして担当している仕事は「ネットワーク基盤」「アプリケーション」「ビジネスプロセスアウトソーシング(事務請負)」と大きく3つの領域があり、その中で私は「ネットワーク基盤」を担当しています。具体的には、国内から海外まで、お客様の拠点間を結ぶ社内ネットワークやIP電話サービス、WEB会議・TV会議など、お客様内の業務通信に係るサービスを提供しています。サービスの維持運用、お客様のご要望に合わせたカスタマイズ、お客様のビジネスをサポートする新サービスの提案などが主な業務内容で、現在はお客様にご利用いただいているネットワークを刷新するプロジェクトを推進しています。
一言に営業といっても、実際の活動は対お客様だけではありません。提案にあたっては、業界動向や現場の声からお客様の将来の働き方を予測し、開発メンバーと共に実現可能なサービスの創出に努めます。また、サービスの値付けや見積書・契約書の提示など対外的なアクションに対しては社内の有識者に適切に説明し承認を得る必要があります。そして中長期的には事業をどのように大きくするかという事業戦略の立案、そこから策定した事業計画の達成に向けて関係者と共に取り組んでいます。
営業はプロジェクトの舵取り役を担っています。適切なゴールを定め、お客様や社内の関係者を巻き込みながら、そのゴールを目指します。お客様にとって当社にとって有益なゴールは、エンドユーザーや株主の皆さまの幸せに繋がっていることを忘れてはいけません。仕事を進めていくうえで何よりも大切なことは信頼関係を築くこと。日々泥臭く頑張っています。

CHAPTER 01

私のチーム

私の所属する営業チームは大手金融機関様をお客様としており、NTTデータ社員9名、営業事務をサポートしてくださる協働者さん2名の全11名体制です。
チームの特徴の1つ目として、営業メンバーそれぞれが個別のプロジェクトを担当しており、それぞれに一定の裁量と責任がある業務形態であることがあげられると思います。これにより、スピーディな対応ができます。一方で、チームとしての活動は開発と比べると少ないかもしれません。しかし必要な情報共有は自席での打合せやチームミーティングでカバーしていますし、雑談ベースで楽しく会話をしていることもしばしば。お客様のニーズに的確・迅速に応えられるよう皆で心がけています。
チームの特徴の2つ目は、プロジェクト内での営業メンバーと開発メンバーとの距離がとても近いことです。職種が違うとそれぞれの立場や正義があり、意見が衝突することもありますが、日ごろから密に連携ができているため衝突が少ないことは、私のチームの良い文化だと思います。業務外でもテニスやバスケットボールなどのイベントに声をかけてもらい参加することもあります。今後も営業・開発が一枚岩となりお客様へ価値を提供していきたいです。
お客様へ提供する成果物を作り上げ、日々の運用を担っているのは開発ですし、その品質の高さや積み上げた信頼関係が次のビジネスに繋がることもあります。開発の活躍に敬意を表しながら、営業として何ができるのかを考えて取り組む必要があると感じています。これからも日々精進です。

CHAPTER 02

NTTデータのココが好き

【1】あらゆる技術の専門家が社内にいること
NTTデータは幅広い業界のお客様に多様なサービスを提供しているため、社内にはそれぞれの領域に特化したスペシャリストが存在します。新規提案で困った時、プロジェクト内で解決できないような問題に遭遇した時、お客様を交えた勉強会を開催する時など、ノウハウを享受したりサポートメンバーとしてフォローしてもらうこともあります。仕事を推進する上で、これは弊社の強みであると実感しています。

【2】風通しの良い社風であること
打合せの際、たとえ相手が上司であっても意見が違えば伝えますし、事業部長の席で相談させてもらうこともあります。役職や年次に関係なく、フラットにコミュニケーションをとることができる、働きやすい環境だと思います。

【3】担当業務以外でも成長の機会を与えてくれること
NTTデータでは、入社後2カ月間研修センターでビジネス系とテクニカル系の基本研修を受講するのですが、その後も定期的に年次・役職・職種に合わせた必須研修が設けられています。また個人的には、インターンのサポート役として学生の皆さんの感覚に触れる機会を頂いたことや、弊社を含むNTTグループが一同に集まりNTT全体の施策を考える合宿に参加させて頂いたこともありました。他にも、会社の支援制度を受けながら業務と並行して大学院でMBAを取得している社員や、副業を申請して会社とは別の事業に取り組んでる社員もいます。日々の業務に追われると目の前の世界だけに閉じてしまいがちですが、長期的な目線で個人としての成長をサポートしてくれる環境は恵まれていると感じています。

【4】就業体制が柔軟であること
サテライトオフィスや在宅でのテレワーク、裁量労働制やフレックスタイム制、性別を問わず育児休職を取得できる制度など、柔軟な働き方を支える制度が整っています。こういった制度の活用は、全社施策として推奨・推進されており、今後も更に働きやすい環境が整っていくと思います。

・ファン:デスクワークも多いので快適に過ごせるように。
・カレンダー:案件が多いので期日確認のために。ハウス型なのは趣味です。
・カップ:フロアにコーヒーメーカーがあるので一息つきたいときに。
・手帳:予定が多いので大きめの手帳が便利。書くのが好きでアナログ派です。

CHAPTER 03

来たれ!後輩諸君!!

私がIT業界を志望した理由は少し珍しいかもしれません。私の学生時代はデッサンばかりしており、PC操作も覚束ないアナログ人間でした。しかし、ITリテラシーは社会人として必須の能力だと認識していたため、ITを仕事にすることで強制的に学ぼうと考えていました。
私自身の経験から自信を持ってお伝えしますが、必要な「知識」は入社してからでも十分に身に着けることができます。それよりも学生の皆さんに大切なのは「人間性」と「熱意」だと思います。この2つ次第で入社してからの成長度が大きく変わるからです。
【1】人間性:NTTデータの仕事は、営業に限らず関係者とコミュニケーションをとる機会が多いです。意見が異なる相手に対しても真摯に向き合うことや、ゴールに向かって関係者を巻き込めることは仕事を回す上での重要なファクターだと実感しています。
【2】熱意:ITが好きか(興味を持っているか)、もしくはNTTデータで実現したいことがあるか。多少の困難があっても熱意さえ失わなければ乗り越えることができます。
就職活動は色々な業界や価値観に触れられる貴重な機会です。たくさんの社員から話を聞き、会社ごとの違いや特徴を理解してください。その上でどの会社であれば、皆さんのやりたいことが実現できそうかを考えてください。いつの日か皆さんと一緒にお仕事できることを楽しみにしています。

一日の流れ

  • 9:00 出社
  • 9:30 社内外関係者からのメールチェック・タスク確認
  • 9:15 チームミーティング
    全社周知事項や各プロジェクトでのタスク・課題の共有
  • 10:00 年度着地報告に向けた事情計画値の確認と課題の共有(他拠点とのWEB会議)
  • 11:00 次期サービス提案に向けたディスカッション
  • 12:00 昼食
  • 13:00 自社からお客様先へ移動
  • 13:30 お客様先にて進行中プロジェクトの定例会議
    進捗状況や課題の共有、次工程の作業内容・コスト説明など
  • 14:30 お客様先から自社へ移動
  • 15:00 お客様打合せで頂いた宿題事項や進め方の意識合わせと分担
  • 15:30 新サービスのプライシング(取引値段を決めること)と説明資料の作成
  • 16:30 契約内容についてスタッフ部門へ相談
  • 17:00 見積提示の承認を得るための社内会議
    社内回覧システム起案のための資料作成
  • 18:00 見積書・契約書案の作成・送付、問合せやインシデントへの対応
  • 19:00 他部署へのヒアリング、技術部門からの情報収集
  • 20:00 退社

先入観やイメージにとらわれず、
実際に働く社員と接してください。
世の中をより豊かに、
変えていけるフィールドがあなたを待っています!

※掲載内容は取材当時のものです

PAGE TOP