PROJECT
STORY 03

事業統括
佐藤の視点から見る
プロジェクト

佐藤 勇一郎
第三法人事業本部

Q1 プロジェクトにおけるあなたの役割とは?

一言で言えばこのプロジェクトの発起人の一人であり、方向性を定め、推進していく旗振り役です。
NTTデータは、システムインテグレーター(以下、SIer)としてお客様からのご要望を受けた上で、開発のスケジュールや機能など要件を決定し、それに沿ったシステム開発を進めていくビジネスモデルが主流です。このプロジェクトが従来のプロジェクトと根本的に異なる点。それは、システム要件を決めるのはお客様ではなく私たちであること、そしてその開発されたサービスが売れなければ意味が無いことの2つです。

プロジェクト発足時から開発メンバーには、「最初に決まった設計書にただ従って開発を行うのではなく、売れるサービスを作りましょう。改善の余地があれば、設計はそれに合わせて開発中でも常に変更していくので最後まで仕様が固まることがないかもしれません。皆さんも改善の意見やアイデアがあれば遠慮なく教えてください。」と言い続けました。

また、何より大切にしたのはサービスの価値観や目指すゴールの共有でした。「このサービスはどんな人が、どんな場面で使うのか」、「それによってどのように役立つのか」というプロジェクトの本質を繰り返しメンバーに伝え続けることで、それぞれが想像力を働かせて、主体的に行動してくれると信じ、発信し続けました。

Q2 プロジェクトのなかで感じた“BORDER”とは?

大きな“BORDER”は、今までお客様のニーズを深掘りした上で、オーダーメイドのシステムを作ってきたNTTデータにとって、当社発信でサービス開発を行い、幅広いお客様に対して拡販していくというノウハウが、ほとんどなかったという点です。

私自身も経験がなかったため、サービス企画から営業まで全てが手探りでした。私達の目指す方向そのものに「何をしようとしているのかわからない」「SIerとしてそんなことをして何になるんだ」と言われることもありました。今までのSIerの範疇になかったことをやろうとしていたので、そういった反応が起こることは当然だと考えていましたが、やはり新しいビジネスモデルを生み出していくことの難しさを、改めて感じました。

Q3 “BORDER”を超えたと感じた瞬間は?

この“BORDER”は私が超えたのではなく、「人の縁」で超えさせてもらったという方が正しいと感じています。事業を推進していくうちに、当初は戸惑っていた開発メンバーも様々な意見を出してくれるようになりました。また、驚異的なスピードでバージョンアップを行っていたため、開発に着手した後で重要な要件の検討漏れがあることに気付くこともありました。ある時、開発メンバーに「この部分の要件はどうすることにしておいただろうか・・」と申し訳なさそうに聞いたところ、「佐藤さんなら、こう考えるかと思い既に実装済みですよ」と嬉しそうに言われ、発信し続けたサービスの価値観がメンバーに伝っていたことに、泣きたいくらい嬉しかったのを覚えています。その後は、開発メンバーからも「自分の意見が自由に出せるためやりがいがある」という言葉をもらうようになりました。新しいビジネスモデルを構築するにあたっては、財務部や法務室など社内の有識者には、時には迷惑を掛けながらも多くの協力を得ることができ、何とか形にすることができました。そして、新規ビジネスの可能性を否定することなく承認してくださった経営層の方々には、本当に感謝しています。

Q4 これからチャレンジしてみたいことは?

このプロジェクトに関わって、「なずきのおと」をプロデュースしたときや、Twitter社と提携し、記者会見した際など自分たちが作ってきたものが形として世に出ていく瞬間は、やはり筆舌しがたい喜びを感じます。しかし、振り返ってみると我々はまだ何にも成し遂げていません。
我々の使命は、常に新しいビジネスを生み出していくこと。これからも時代の数歩先を読んで周囲がまだ理解できないこと、認知していないことを、時には各方面と戦いながらも実現していくハングリー精神を持った仕事のスタイルを貫いていきたいと思っています。
このような一見無謀とも思えることを認めてくれる懐の深さが、NTTデータにはあります。恵まれた環境の中で、これからも新しいことにチャレンジし続けたいと思っています。

Q5 学生のみなさんへのメッセージ。

仕事の一環として講演活動も行っており、皆さんのような学生や若手の方々に会う機会も多くあります。その際に感じるのは、世の中の情報をしっかりとキャッチしているなということです。正直言って、社会人よりも多くの情報・知識のある方が非常に多いと感じています。一方で、その情報の受け売りになってしまっており、得た情報から自分らしいユニークな意見や考えなど新しいものが生まれていることが少ないのが勿体ないと感じています。
情報をキャッチするだけでは何も見えてきません。キャッチした情報を自分の中で精査・整理してそこから、自分なりの考えをまとめることが大切なのです。変化の激しい現代社会において不変なことなどありません。常に変化する時代の中で、自分はどのように生きていきたいのかを考えられる方。会社に何かをしてもらおうというのではなく、この会社を使って何かを成し遂げていきたいという気概のある方にとっては、NTTデータは最適な場所だと思います。

プロジェクトへの関わり方

OLDER NEWER

  • MAY
    2006
    2006年5月
    出向先のNTTデータ経営研究所からNTTデータに復帰し、「なずき」の部署へ。
  • JUN.
    2006
  • JUL.
    2006
  • JUN.
    2006
  • AUG.
    2006
  • SEP.
    2006
  • OCT.
    2006
  • NOV.
    2006
  • DEC.
    2006
  • JAN.
    2010
  • FEB.
    2010
  • MAR.
    2010
  • APR.
    2010
  • MAY
    2010
  • JUN.
    2010
  • JUL.
    2010
  • AUG.
    2010
  • SEP.
    2010
    2010年9月
    「なずきのおと」開発キックオフミーティングを実施。
  • OCT.
    2010
  • NOV.
    2010
  • DEC.
    2010
  • JAN.
    2011
  • FEB.
    2011
  • MAR.
    2011
  • APR.
    2011
    2011年4月
    商品企画。プロモーション・広報・IR・CRなど各種活動向けに「なずきのおと」の提供開始。
  • MAY
    2011
  • JUN.
    2011
  • JUL.
    2011
  • AUG.
    2011
  • SEP.
    2011
  • OCT.
    2011
  • NOV.
    2011
  • DEC.
    2011
  • JAN.
    2012
  • FEB.
    2012
  • MAR.
    2012
  • APR.
    2012
  • MAY
    2012
  • JUN.
    2012
  • JUL.
    2012
  • AUG.
    2012
  • SEP.
    2012
    2012年9月
    Twitter社と日本語及び日本国内で書き込まれたツイートデータの取得及び他社へのデータ提供を可能とする契約を締結。
  • OCT.
    2012
  • NOV.
    2012
  • DEC.
    2012
    2012年12月
    Twitterデータ提供サービスの開始。
  • JAN.
    2013
  • FEB.
    2013
  • MAY
    2013
  • JUN.
    2013
    2013年6月
    全世界での情報収集や分析を可能とするための第一歩として、中国ネットデータ提供サービスの提供開始。
  • JUL.
    2013
  • AUG.
    2013
  • SEP.
    2013
  • OCT.
    2013
    2013年10月
    お客様のソーシャルメディア活用の習熟度に応じて段階的にソリューションを組み合わせて提供する「なずきTwitterインテグレーションソリューション」の提供を開始。
  • NOV.
    2013
  • DEC.
    2013
  • JAN.
    2015
    2015年1月
    株式会社電通とソーシャルメディア・ビッグデータの解析を起点とした、マーケティング領域での新たなソリューションの開発・提供で協業を開始。

他のプロジェクトメンバーの視点

サービス企画担当

西澤 聡子

西澤 聡子

第三法人事業本部

環境情報学部卒業。2007年入社。金融分野でシステム開発、営業の両方を経験。その後、社内公募制度を利用して法人分野に異動し、出版・広告関連企業のサービス企画を担当。プロジェクトの増員に伴い、本プロジェクトへ異動し、企業のニーズに合わせたソーシャルデータの分析や新規ビジネスの企画を行う。

このメンバーのインタビュー

営業担当

田中 智子

田中 智子

第三法人事業本部

文理学部 数理学科卒業。2010年入社。入社当初は、出版分野にて開発を担当。その後、音声・映像認識技術を活用した新規サービス企画部門へ異動し、ソリューション営業へ職種転換。Twitter社との契約締結に伴い、本プロジェクトへ異動。前職に引き続きソリューション営業として活躍している。

このメンバーのインタビュー

※掲載内容は取材当時のものです

PAGE TOP