PROJECT
STORY 03

営業担当
田中の視点から見る
プロジェクト

田中 智子
第三法人事業本部

Q1 プロジェクトにおけるあなたの役割とは?

Twitter 社とのデータ再販契約締結に伴い、ソーシャルビジネスの市場を形成・拡大させるため、本プロジェクトに参画することとなりました。具体的には、ソリューション営業としてTwitterデータ、なずき(言語解析処理エンジン)、ソーシャルメディア関連のサービス等のソリューションやソーシャルデータの活用方法をお客様に提案することが私の役割です。
ソリューション営業とは、業態業種に縛られることなく複数企業に対して当社起点で開発したサービスを拡販することをミッションとしている営業を指します。異動前からソリューション営業としてのキャリアを積んできましたが、本プロジェクトでは担当する顧客数が格段に増え、同時並行で提案を行っています。また、システム部門だけではなくマーケティング部門や経営層など部門を問わない提案機会が増えたのもソーシャルビジネスならではであり、これまでとの大きな違いです。
また、一方的にサービスを売り込むだけではなく、どのような提案やサービスがお客様にとってより魅力となるのかを常に考えながらお客様向けの提案や社内向けにサービス改善提案を行っています。

Q2 プロジェクトのなかで感じた“BORDER”とは?

お客様の抱える課題に対しシステム開発を通して解決策を提示するビジネスモデルでは、揺るぎない信頼関係を築き上げたお客様を先輩方から引き継いで営業するスタイルが主流です。しかし、本プロジェクトのように当社が開発したサービスを拡販するビジネスモデルにおいては、営業担当者は自分自身でお客様を開拓していく必要があります。
また、ソーシャルメディア分野は世の中でも非常に新しい分野であるため、前例や事例といったものは存在しない場合が多く、お客様側で明確に用途をイメージされていることは少ないです。
そのような環境下でお客様とビジネスそのものを新しく生み出していく難しさに“BORDER”を感じました。

Q3 “BORDER”を超えたと感じた瞬間は?

最初から自分一人の力で業務を完遂しようと気負うのではなく、自ら積極的に他者に働きかけを行い、協力してもらうことが出来たおかげだと感じています。
あるお客様向けに開発メンバー、他部署の営業担当者と連携して提案を行った時の事です。開発メンバーと連携することで「Twitterデータ提供サービス」だけではなく、それに関連する周辺システム開発まで含めた提案内容を完成させました。そして、お客様へは他部署の営業担当者の「お客様との信頼やノウハウ」×私の「ソーシャル分野への知見」というそれぞれの強みを生かしたアプローチを行うなど、私一人では出来なかった提案活動を行うことができました。提案に至るまでは互い密に連携を取り、何度も協議を重ねる必要がありましたが、結果として競合を抑え「SNS分野に関してはNTTデータに任せるよ」とお客様から言って頂けた時は全員で手を取り合って喜びました。このことは今でもとても印象に残っており、よりよい提案のためには時に連携することも大切であることを改めて学びました。
また、お客様はもちろんですが、一緒に仕事をする相手が何を求めているのか、何をすることが相手にとって本当に良いことなのかだけではなく、ビジネス全体としてバランスが取れているかどうかを総合的・客観的な視点で捉えることもとても大切だと考えるようになりました。

Q4 これからチャレンジしてみたいことは?

常に、今より少し難しいことにチャレンジしていきたいと考えています。
当面の目標は本プロジェクトを成功に導くために、まずは「なずきのおと」「Twitterデータ提供サービス」など既存サービスの拡販を行い、顧客数を倍増させることです。そして、既存サービスの提供で築いたリレーションを活かし、NTTデータが得意とする周辺システムの新規開発提案・受注に繋げていけるよう一歩、二歩先へ踏み込んだ提案活動を行っていきたいと考えています。また、周辺システム開発で培ったノウハウを体系化し次の提案に活かすことでチームに貢献していきたいです。
新規サービスの企画などにも興味がありますが、まずは目の前にあるひとつひとつの仕事で確実に成果を出し、将来的に興味を持っている仕事に携わる機会を得たいと考えています。

Q5 学生のみなさんへのメッセージ。

私がNTTデータに入社を決めた当初は、漠然と世の中にないものを作り出したい・仕事でワクワクしたいといった抽象的な想いがあるだけでした。実際の業務を経験してみないと本当のところは分からないであろう、業務経験を積むうちに具体的な希望が出てくるであろうと考えていました。そして、希望がでてきたらそれを叶えられるように自分で努力していけばいいと考えていました。なぜなら、NTTデータは事業分野が広いだけでなく、1000を超えるプロジェクトが存在し、企業文化としても多くの経験を得られる環境やチャンスがあると感じていたからです。
実際に私は今、上司や同僚にも恵まれてやりたいことができており毎日がとても充実しています。そして、これから先もまだまだ挑戦してみたいことが出てくると感じています。
直感的な言い方かもしれませんが、周りや情報に流されることなく自分で考えて“自分がいい”と感じたことを大切にすると自然といい結果に結びつくと思っています。就職活動はさまざまな仕事・企業・人を知るチャンスです。ぜひ自分が素直にいいなと感じたことを大切にしてみてください。

プロジェクトへの関わり方

OLDER NEWER

  • JUL.
    2013
    2013年7月
    プロジェクト参加。担当ソリューションの知識習得に努める。
  • AUG.
    2013
  • SEP.
    2013
    2013年9月
    本プロジェクトで初受注。拡販ツールとしてお客様事例紹介パンフレットを作成。
  • OCT.
    2013
  • NOV.
    2013
    2013年11月
    ソーシャルのレポーティングなど分析も実施。
  • DEC.
    2013
    2013年12月
    「なずきのおと」バージョンアップに伴い商品マニュアルや契約書などを整備。
  • JAN.
    2014
  • FEB.
    2014
  • MAR.
    2014
  • APR.
    2014
    2014年4月
    販路拡大に向けて社内の各営業担当との連携が必要と判断。共同提案の声掛けや商品説明など社内向け営業活動を強化。
  • MAY
    2014
  • JUN.
    2014
    2014年6月
    「Twitterデータ提供サービス」の売上が好調に伸びてくる。
  • JUL.
    2014
  • AUG.
    2014
  • SEP.
    2014
    2014年9月
    他部署の営業担当と連携した案件の提案作業が本格化。
  • OCT.
    2014
  • NOV.
    2014
    2014年11月
    他部署の営業担当と連携した案件で競合を抑えて受注。

他のプロジェクトメンバーの視点

事業統括

佐藤 勇一朗

佐藤 勇一朗

第三法人事業本部

経済学部卒業。1999年入社。官公庁、損害保険、テレコム業界のシステム開発などを経験。その後、自らの希望でNTTデータ経営研究所へ出向し、新規事業企画等に従事。出向時の経験を活かして、NTTデータ復帰後に「なずき」の部署へ。現在はソーシャルデータ、ビッグデータを活用した新たなビジネスの創出に力を入れている。

このメンバーのインタビュー

サービス企画担当

西澤 聡子

西澤 聡子

第三法人事業本部

環境情報学部卒業。2007年入社。金融分野でシステム開発、営業の両方を経験。その後、社内公募制度を利用して法人分野に異動し、出版・広告関連企業のサービス企画を担当。プロジェクトの増員に伴い、本プロジェクトへ異動し、企業のニーズに合わせたソーシャルデータの分析や新規ビジネスの企画を行う。

このメンバーのインタビュー

※掲載内容は取材当時のものです

PAGE TOP