Courseコース選択

採用コース

1SE・コンサル・営業コース 入社後の配属がシステムエンジニア(SE)、コンサルまたは営業の部門となるコースです。
2建築系ファシリティマネジメントコース 入社後の配属が建築系ファシリティ部門となる採用コースです。
3電力系ファシリティマネジメントコース 入社後の配属が電力系ファシリティ部門となる採用コースです。
4法務スタッフコース 入社後の配属が法務部門となる採用コースです。
5財務スタッフコース 入社後の配属が財務部門となる採用コースです。
6人事スタッフコース 入社後の配属が人事部門となる採用コースです。

※SE・営業コースの場合にも、適性によっては研究開発部門、スタッフ部門等への配属があります。

採用コースによる仕事の違い

1 SE・コンサル・営業コース

システムエンジニア(SE)、コンサルティング(コンサル)もしくは営業コースの部門に配属します。

※適性によっては研究開発部門、スタッフ部門等への配属があります。
※入社後、本人の希望、適性、能力により他の職務(SE、コンサル、営業、スタッフ、研究開発)にキャリアチェンジも可能です。

SE部門配属

システム構築のスペシャリストとして、システム設計・開発等に従事していただきます。設計・開発経験やSE系の研修を通してSEスキルを学んでいただき、将来的には、プロジェクトを円滑に推進するプロジェクトマネージャや、高い専門性を活かし、期待される機能や性能を実現するための設計等を行うITスペシャリスト、新技術の研究開発を通して、新商品・サービスの創造やビジョン・構想の提示といったR&Dスペシャリスト等として活躍していただくことを期待しています。

コンサル部門配属

コンサルタントのスペシャリストとして、お客さまの問題・課題の把握、解決策の提供に従事していただきます。
実業務や研修を通して問題解決方法論を学んでいただき、
お客さまの意思決定者と一体になって、第三者視点での意思決定支援を行っていただくことを期待しています。
将来的にはコンサルタントやビジネスディベロッパー等として活躍いただくことを期待しています。

営業部門配属

営業のスペシャリストとして、お客様への企画・提案活動等に従事していただきます。営業活動経験や営業系の研修を通して営業スキルを学んでいただき、将来的には、特定の顧客企業を相手にし、その企業固有のニーズに応える最適な解決策を策定・提案し、受注に結び付ける顧客営業や、複数企業に対して、その共通ニーズに応えるように、最適な解決策を策定・提案し、受注・拡販に繋げるソリューション営業として活躍していただくことを期待しています。

2 建築系ファシリティマネジメントコース(建築及び建築設備系スペシャリスト)

コンピュータシステムの安定した運用をサポートするために、ファシリティ(データセンターの電気設備、空調設備、防災設備、情報通信設備など)を総括的にマネジメント(戦略立案、設計・監理、維持管理)し、専門性の高い仕事に従事していただきます。
将来的には、建築系ファシリティマネジメントのプロフェッショナルとして活躍していただくことを期待しています。
なお、入社後の配属についてシステムエンジニア・営業を目指される方は、SE・営業コースよりご応募ください。

こちらもご参照ください

3 電力系ファシリティマネジメントコース(電力及び電力設備系スペシャリスト)

コンピュータシステムに信頼性の高い電源を供給するために、ファシリティ(データセンターの受電設備、非常用発電設備、無停電電源設備(UPS)など)を総括的にマネジメント(戦略立案、設計・監理、維持管理)し、専門性の高い仕事に従事していただきます。
将来的には、電力系ファシリティマネジメントのプロフェッショナルとして活躍していただくことを期待しています。
なお、入社後の配属についてシステムエンジニア・営業を目指される方は、SE・営業コースよりご応募ください。

こちらもご参照ください ファシリティマネジメントのご紹介

4 法務スタッフコース

企業法務全般に関わる、専門性の高い仕事に従事していただきます。
将来的には、法務のスペシャリストとして活躍していただくことを期待しています。

こちらもご参照ください 法務室のご紹介

5 財務スタッフコース

会計決算、税務、財務分析、資金調達など、財務や経理関連の専門性の高い仕事に従事していただきます。
グローバルに拡大するビジネスを支える財務のスペシャリストとして活躍していただくことを期待しています。

こちらもご参照ください

6 人事スタッフコース

人事領域全般の高い専門性を軸とした人事のスペシャリストとして、人事施策の企画・運用、人的リソース管理、人財開発、人事関連制度の構築など、幅広い業務に従事していただきます。

こちらもご参照ください